緑内障治療

  • HOME
  • 緑内障治療

緑内障治療

緑内障は症状や痛みをともなわず、徐々に視神経を障害していく病気です。
そして視神経が障害されていくことにより、徐々に視野が狭くなっていきます。しかし症状や痛みをともなわないという特徴から気づかない患者さまが多く、また通常の健康診断や人間ドックでは発見できないことが多いのです。
最近の新しい研究で40歳以上の17人に1人(約5.8%)、70歳以上では13.1%が緑内障患者であるとわかりました。従来からの常識では考えられないくらい多くの方が緑内障になっていたのです。
緑内障により失われた視野は取り戻すことはできませんが、視野異常の進行を食い止めることはできます。ですから早期発見・早期治療が大切になってくるのです。40歳を過ぎたらぜひ定期的に眼科の検診を受ける習慣をつけましょう。
当院では、機械で自動で測定する視野検査だけではなく、視能訓練士による手動の視野検査も施行しています。ある程度視野異常が進行してきた患者さまは手動の視野検査でないと進行度が判定できません。また視力の悪い患者さまも手動の視野検査でないと測定できません。治療は点眼薬による薬物治療が中心で、病状によってはレーザー治療を行っています。