レーザー眼科治療

  • HOME
  • レーザー眼科治療

レーザー眼科治療

レーザー光は通常の光と違って医学的な治療を行うのに適した性質をもっています。 特に眼科では多くの場面で利用されています。当院では糖尿病網膜症、網膜静脈閉塞(へいそく)症、中心性漿(しょう)液性網脈絡膜症、網膜裂孔、緑内障(狭隅角眼)に利用しています。

糖尿病網膜症

糖尿病網膜症が進むと網膜の血管が詰まり、詰まった先は血が通わなくなります。その血が通わなくなった部分を無血管野といいますが、無血管野を放置するとそのうちそこに新生血管が発生し大出血を起こしたり網膜剝離を生じます。 ですから糖尿病網膜症の新生血管が発生する前に無血管野をレーザーで焼いていき新生血管の発生を予防するのです。必要な時期にレーザーをしていないとどんどん糖尿病網膜症は進行していき視力を失ってしまう可能性も出てきます。(詳しくは糖尿病網膜症治療のページを参考にしてください)

網膜静脈閉塞症

網膜の静脈が詰まってしまって糖尿病網膜症と同様に無血管野が発生しますのでレーザーで焼いていきます。

中心性漿液性網脈絡膜症

これは網膜の一番後の層が傷みそこから後より水が入ってきて網膜の後に水がたまり丸く腫れる病気です。中心がゆがんで見えたり、物が小さく見えたり、色が変に見えたりします。原因は不明ですが30~40代の働き盛りの男性でストレスがかかっている人に多いと言われています。レーザーでその網膜の痛んだ部分を焼き水の漏れを防ぎます。ただし傷んだ部分というのは網膜の中心部分に多く、かなり中心に近いとレーザーにより視力が下がってしまいますのでレーザーはしません。

網膜裂孔

網膜に穴があく病気です。原因はいくつかありますが、元々強度近視で網膜が薄くなって弱い、網膜に変性巣があって穴があきやすい、交通事故等外傷などです。黒い糸くず、ゴミ、蚊が飛んでるように見える飛蚊(ひぶん)症、光が走る光視症等の症状が出ます。網膜に穴が開くとそこから網膜の下に水が回り網膜剝離になります。網膜剝離になると手術が必要で、手術をしても網膜の中心部分も剝がれてしまっている場合はほぼ失明状態で視力は戻りません。ですから網膜剝離になる前に裂孔の周りをレーザーで焼いて固めて網膜剝離にならないようにするのです。

緑内障(狭隅角眼)

緑内障にはいろいろなタイプがあります(詳しくは緑内障治療のページを参考にしてください)が狭隅角眼の人に起こる急性緑内障発作というタイプがあります。目の中には水(房水)が入っていて、絶えず水は湧いてきて抜けて出て行く循環を繰り返しています。その水の出口が狭いのが狭隅角眼です。 出口が狭いので一瞬で出口がふさがってしまうことがあり、そうすると水は湧いて出てくるのには変化がありませんのでどんどん水はたまっていき、眼圧(目の圧、いわゆる硬さ)が急に上昇し目がかすんで見えなくなり、眼の激痛、激しい頭痛、吐き気が生じます。
これを急性緑内障発作といいます。頭が痛くなるので眼科ではなく脳外科や内科に受診し眼科に来るのが遅れて失明するということもあります。ですので狭隅角眼には急性緑内障発作を起こす前にレーザーで虹彩(黒目の後の茶色に見える部分)に穴を開け水のバイパスをつくり出口がふさがるのを防ぎ急性緑内障にならないようにするのです。

治療費などに関して

いずれのレーザー治療も入院の必要はなくその日に帰ることができます。だいたい時間は眼の状態によりますが10分から15分程度です。ただし保険がききますが1万円から5万円台と治療代がかかりますので詳しくは医師あるいは窓口にご相談ください。